FX初心者トレーダーの為の為替予想まとめ

FX初心者トレーダーの為の為替情報や経済・投資情報などを発信していきます
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
最新情報
リアルタイム為替レート

外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

テクニカル分析による売買の目安

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今後の景気の動向は?品質重視 物価押し上げ 追いつかぬ賃金アップ:経済ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


景気回復を背景に幅広い品目で物価が上昇し、雇用環境の改善も鮮明になってきた。27日発表された5月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)が前年同月比3・4%の上昇となり、完全失業率は3・5%と16年5カ月ぶりの低水準だった。ただ、物価上昇に所得環境が追いつかず、消費税増税後の個人消費を冷え込ませる懸念もくすぶる。

 5月の消費者物価指数はエネルギー価格の上昇や消費税率の引き上げの影響が大きいものの、価格上昇品目は469と、下落品目の46を大きく上回る。総務省によるとノートパソコンが15・5%上昇、エアコンも19・4%上昇するなど、税率の引き上げ分以上に値上がりしている品目も多い。

東芝が4月に発売したフルハイビジョンの約4倍の高精細な画像を楽しめるノートパソコンは想定価格が23万円前後と高価にもかかわらず、販売は堅調だ。サポートが終了した基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」からの買い替え需要の追い風もあるが、家電量販店ビックカメラの広報担当者は「景気が良くなり、高機能な製品を買う動きが広がっている」と話す。

詳細はこちら
スポンサーサイト
政治・経済・金融 | Comments(-) | Trackbacks(-)

鉱工業生産 -6月30日発表- :経済指標

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


鉱工業生産2カ月ぶり上昇 5月、車・繊維が好調 増税から「通常の水準に戻った」

経済産業省が30日発表した5月の鉱工業生産指数(2010年=100、季節調整値)速報値は99.8となり、前月から0.5%上昇した。上昇は2カ月ぶり。自動車、繊維工業品の生産が増えた。生産は消費税率が上がった4月の落ち込みから上向いたものの、6月は再び低下し、7月に上昇する見通し。増税後の回復は業種ごとにばらつきがあり、当面は横ばい基調が続きそうだ。

 5月は全15業種のうち8業種で上昇した。上昇率が高まった主な要因は自動車や自動車部品などの輸送機械工業で、輸出向けを中心に生産が増え前月から1.9%上昇した。繊維工業も学生服などの生産増で1.9%上がった。

 液晶など輸出用のスマートフォン(スマホ)の部品の生産増で電子部品・デバイス工業も0.4%上昇した。中国でのスマホ普及を背景に中国メーカーからの受注が増えているもようだ。京セラによると「コンデンサーなど様々な電子部品の需要が伸びている」(山口悟郎社長)という。

詳細はこちら



鉱工業生産
実際:0.5%
予想:0.9%
前回:-2.8%


QUICKが27日時点で集計した民間の予測中央値は0.9%上昇だった。
同時に発表した製造工業生産予測調査では6月が0.7%低下、7月は1.5%上昇を見込む
経済指標 | Comments(-) | Trackbacks(-)

来週のドル円 中東の地政学的リスクと景況感を見極めへ:為替予想

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


ドル・円下落、地政学的リスクと米景況感の悪化懸念で

先週のドル・円は弱含み、102円17銭から101円32銭まで軟調に推移した。ドル・円は、ウクライナやイラクに対する地政学的リスクへの警戒感が高まったこと、米国の1-3月期国内総生産(GDP)確報値が前期比年率-2.9%へ下方修正されたことで、102円17銭から101円32銭まで下落した。

ただ、27日発表の6月米ミシガン大学消費者信頼感指数確定値が速報値から上方修正されたことでリスク回避的なドル売りはやや一服した。先週の取引レンジ:101円32銭-102円17銭となった。


6月の日銀短観と米国雇用統計と地政学的リスクに要注目

今週のドル・円は、ウクライナ情勢やイラク情勢に警戒しつつ、6月日銀短観と6月の米雇用統計を見極める展開となる。ウクライナでの和平協議が難航した場合やイラクが内戦に陥った場合は、リスク回避の円買い圧力が強まることになる。

ただし、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の改革を受けて、本邦機関投資家による外貨建て資産への投資増加が予想されること、米国が軍事介入しない中東の地政学的リスクは、有事のドル買いとなる可能性があることで、ドルの下値は限定的とみられる。

さらに詳細はこちら
FX為替予想 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ミシガン大学消費者信頼感指数 - 6月27日発表:経済指標

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


米ミシガン大消費者信頼感が上昇、6月確報値

ミシガン大学が27日発表した6月の米消費者信頼感指数(確報値)は前月の81.9から82.5に上昇し、市場予想の82.0を上回った。速報値の81.2からも上方修正された。消費者は景気が停滞していた第1・四半期は天候が悪かったという楽観的なセンチメントを保っている。

 調査責任者のリチャード・カーティン氏は「消費者は第1・四半期に経済活動が鈍化したのは厳しい天候のためだと考え、既に経済はプラス成長に回復していると感じている」と指摘した。

詳細はこちら



ミシガン大学消費者信頼感指数
実際:82.5
予想:82.2
前回:81.2


米国の消費者が6月末にかけて景気への懸念を後退させたことが明らかになった。
経済指標 | Comments(-) | Trackbacks(-)

英 国内総生産 -6月27日発表-:経済指標

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


英1-3月GDP:前期比0.8%増、投資と貿易が寄与

英国 では1-3月(第1四半期)の景気回復が、より均衡の取れたものとなった。企業投資が急増したほか、貿易も成長にプラス寄与した。

英政府統計局(ONS)が27日発表した第1四半期の国内総生産(GDP)統計によると、企業投資 は5%増加。貿易は成長に0.3ポイント寄与した。GDP確定値(季節調整済み)は前期比0.8%増と、改定値から変わらず。

投資は成長に0.4ポイント寄与し2012年第1四半期以来の高い寄与だった。1-3月の輸出は0.1%減で、当初見積もりより小幅な減少だった。輸入は1.2%減少し純貿易はプラス寄与となった。

詳細はこちら



国内総生産
実際:0.8%
予想:0.8%
前回:0.8%


寄与度が最も大きかった項目は家計消費支出の0.5%ポイントで、他の部門にはマイナス寄与となったものもあった。
建設部門の生産は上方修正されたが、サービス部門の生産の下方修正がこれを打ち消した。
経済指標 | Comments(-) | Trackbacks(-)

6月の日銀短観:経済・金融ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


6月の日銀短観、民間予想は6期ぶり悪化 先行きは改善も

日銀が7月1日に発表する6月の企業短期経済観測調査(短観)の民間調査機関8社による予測は、企業の景況感を示す大企業製造業の業況判断指数(DI)が前回の3月短観に比べて小幅に下落し、6期ぶりに悪化する見通しだ。ただ、先行きは改善が予想され、「消費税率引き上げの影響は限定的」とする日銀の景気の見方を裏付ける内容となりそうだ。

 4月の増税による駆け込み需要の反動減から、製造業では「自動車」で景況感が悪化する可能性が高い。非製造業でも「小売」や「卸売」など個人消費関連が下落しそうだ。

詳細はこちら



みずほ証券のチーフマーケットエコノミスト、上野泰也氏は「今回の短観では大企業を中心に、企業の景況感の底堅さが示される公算が大きい」

ニッセイ基礎研究所(NLI)のシニアエコノミスト、上野剛志氏は「消費における駆け込み需要の反動減は増税直後が最も大きく、以降は緩和していくと考えられるためである」

BNPパリバ証券チーフエコノミストの河野龍太郎氏は「人口動態など長期的な観点から、多くの製造業は国内の生産設備の拡充には慎重な姿勢を維持しているとみられる」としたうえで、「設備を拡充して増産しようにも、雇用確保が難しい」

政治・経済・金融 | Comments(-) | Trackbacks(-)

米 国内総生産 -6月25日発表-:経済指標

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


第1四半期米GDP確報値、2.9%減に下方修正 5年ぶりの大幅減

米商務省が25日に発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)確報値は前期比年率で2.9%減少し、改定値の1.0%減から下方修正された。2009年第1・四半期以来5年ぶりの大幅な落ち込みとなった。

市場予想は、1.7%減を見込んでいた。ただ、経済がその後、堅調に盛り返した兆候もみられる。

三菱東京UFJ銀行(ニューヨーク)の首席金融エコノミスト、クリス・ラプキー氏は「統計は懸念を招く内容だが、雇用は過去4カ月で毎月20万人のペースで増加しており、全く根拠なく先行きを楽観しているわけではない」と述べた。

これまで、異例の寒波が景気低迷の主因とされてきた。速報値、改定値の集計段階で完全な情報が集まらず、大幅修正は珍しくない。

ただ、今回の修正の大きさから、天候以外にも低迷の要因があることを示した。

速報値の0.1%増からは計3.0%ポイントの下方修正となり、改定値と確報値の差は1976年以降の記録で最大だった。

医療支出のペースが従来推計値よりも鈍く、消費支出が下方修正された。貿易の下押し効果も従来推計以上だった。

市場は、第2・四半期が最大3.6%増と堅調な伸びになると見込んでいるものの、実際の数字が予想に届かない可能性もある。

詳細はこちら



国内総生産
実際:-2.9%
予想:-1.7%
前回:-1.0%


寒波の影響などで落ち込んだ企業の設備投資が1.2%のマイナス、住宅投資が4.2%。
市場関係者の多くは、4月からの第2四半期はプラス成長に回復し、マイナスは一時的だと指摘。
経済指標 | Comments(-) | Trackbacks(-)

米 コア耐久財受注・コア資本財受注 -6月25日発表-:経済指標

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


米製造業耐久財受注:5月はコア資本財が0.7%増

5月の米耐久財受注統計では、設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)受注が増加した。

米商務省の発表によると、5月のコア資本財受注 は前月比0.7%増。前月は1.1%減(速報値1.2%減)だった。全体の耐久財受注額は1%減少した。変動の大きい輸送機器や国防での減少が反映された。市場予想は横ばい。

IHSグローバル・インサイトのエコノミスト、パトリック・ニューポート氏は「企業は見通しが改善した場合に設備投資を行う傾向がある」とし、「設備投資の増加ペースは若干速まりつつあり、経済情勢がその背景にある」と続けた。

詳細はこちら



コア資本財受注(非国防、航空機を除く)
実際:0.7%
予想:0.5%
前回:-1.1%


コア耐久財受注
実際:-0.1%
予想:0.4%
前回:0.3%


経済指標 | Comments(-) | Trackbacks(-)

米 消費者信頼感 -6月24発表-:経済指標

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


米消費者信頼感指数:6月は85.2に上昇、08年1月来の高水準

6月の米消費者信頼感指数は前月から上昇し、約6年ぶりの高水準となった。雇用市場の改善で家計が支えられた。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが24日発表した6月の消費者信頼感指数 は85.2と、前月の82.2(速報値83)から上昇し、2008年1月以来の高水準となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は83.5だった。

TDセキュリティーズUSAの米調査・戦略副責任者、ミラン・マルレイン氏は統計発表前に、消費者信頼感の上昇は「労働市場の改善と株価の安定的上昇を反映している部分が大きい」と指摘。それは「消費活動の重要な原動力となるはずだ」と述べた。

詳細はこちら



消費者信頼感
実際:85.2
予想:83.5
前回:82.2


2006年12月以来7年半強ぶりの高水準。欧州中央銀行(ECB)が追加緩和を打ち出したことが主因となった。
経済指標 | Comments(-) | Trackbacks(-)

米 新築住宅販売戸数 -6月24日発表-:経済指標

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


5月の米新築住宅販売、18.6%増の50.4万戸―6年ぶり高水準

5月の米新築住宅販売戸数は急増して6年ぶりの水準に達し、1年近く低迷した住宅市場が勢いを取り戻したことを示す明るい兆しとなった。

 米商務省が24日発表した5月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済み、年率換算)は前月比18.6%増の50万4000戸で、2008年5月以来の高水準に上った。 

 ウォール・ストリート・ジャーナルのエコノミスト調査では、0.5%増の43万5000戸と予想されていた。

 販売戸数は前年同月比では16.9%増。5月末時点の新築住宅在庫は4.5カ月分で、4月末時点の5.3カ月分から減少した。

詳細はこちら



新築住宅販売戸数
実際:504K
予想:440K
前回:425K


IHSグローバル・インサイトのエコノミスト、ステファニー・キャロル氏は「住宅は復活し始めている」と述べ、「正しい方向への一歩だ。雇用市場も寄与している。過去数カ月間で供給も拡大した」と続けた。
経済指標 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。