FX初心者トレーダーの為の為替予想まとめ

FX初心者トレーダーの為の為替情報や経済・投資情報などを発信していきます
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 7月18日の為替情報・予想(ドル/円):FX為替相場TOPFX為替予想 ≫ 7月18日の為替情報・予想(ドル/円):FX為替相場
最新情報
リアルタイム為替レート

外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

テクニカル分析による売買の目安

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

7月18日の為替情報・予想(ドル/円):FX為替相場

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


会社:MorningStar
予想レンジ:100.70-101.50
記事リンク:こちら
発表内容
予想レンジ:1ドル=100円80銭-102円00銭  

予想レンジ:1ドル=100円70銭-101円50銭  

18日の東京外国為替市場でドル・円は上値の重い展開となりそうだ。マレーシア航空のボーイング777型機が17日、ウクライナ東部に墜落した。

地対空ミサイルで撃墜されたと見られるが、ウクライナ、親ロシア派武装勢力の双方が相手側の撃墜によるものと主張している。ウクライナでは14日にも同国空軍の輸送機が撃墜されており、一気に緊張が高まってきた。  

イスラエル軍がパレスチナ暫定自治区ガザに地上進攻を開始したことと合わせ、金融市場ではリスク回避の動きが活発化。17日の米10年債利回りは5月29日以来約1カ月半ぶりの低水準で終え、ドル・円は東京時間に入り1ドル=101円08銭まで下落した。

きょうは終日リスク回避の動きが強くなりそうで、2月4日の年初来安値100円74銭を試すこともあり得る。







会社:新生銀行
予想レンジ:100.70-101.20
記事リンク:こちら
発表内容
18日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、ウクライナ東部でのマレーシア機撃墜で地政学的なリスクが重荷となり、1ドル=101円台前半で弱含みとなる見通しだ。パレスチナ情勢の混迷も圧迫要因で、「ドル円は下値を模索しやすい」(大手邦銀)とみられる。予想レンジは100円70銭~101円20銭。

前日の欧米市場では、欧州時間は101円50銭前後で推移。米国時間の序盤は、フィラデルフィア連銀製造業景況指数などが良好となり、米株式が上昇したことでドル円は強含みになったが、マレーシア機撃墜の報道で反落し、101円台前半に水準を切り下げた。東京市場の早朝も軟調で、101円10~15銭前後で取引されている。

会社:CITIBANK
予想レンジ:100.70-101.50
記事リンク:こちら
ドル円は下落。
米国で発表された、
①週間新規失業保険申請件数(7月12日までの週)は30万2000件と予想外の減少、
②6月の住宅着工件数は年率換算89万3000件と9月ぶりの低水準、
③7月のフィラデルフィア連銀指数は23.9と3年ぶりの高水準、
とまだら模様となった。

一方、米オバマ大統領が対ロシア制裁の強化を発表、またウクライナ東部でのマレーシア機撃墜やイスラエル軍によるパレスチナ自治区ガサへの地上戦開始などの報道が伝わると地政学的リスクが高まり、安全資産とされる米国債と円の需要が高まった。

こうしたなか、ドル円は101円台前半へ下落、本日早朝も101円割れをうかがう展開となっている。こうしたなか、今晩発表される7月のミシガン大消費者信頼感指数は83.0と前月(82.5)から上昇する見通しで、2月4日に付けた年初来安値100円76銭でサポートされるかどうか注目されよう。

会社:みずほ銀行
予想レンジ:100.70-101.50
記事リンク:こちら
発表内容
昨日のドル円は地政学リスクの高まりにより下落。101.65レベルでオープンした東京市場のドル円は、特段の材料無く101円台半ばで揉み合う展開となった。海外時間に入っても同水準での小動きが続いたものの、マレーシア航空機がウクライナ東部上空で墜落したとの情報が伝わるとリスク回避の円買いが強まり、ドル円は101円台前半に下落。

その後も、イスラエル軍がガザ地区への地上侵略を開始したとのヘッドラインを受けて米株や金利がじり安の展開を続ける中、ドル円は101.14まで下落し、101.16レベルでNYクローズ。 

本日のドル円も地政学リスクへの警戒感から上値の重い展開を予想。米欧が対ロ追加制裁に動く中で発生したマレーシア航空機の墜落について、ウクライナ政府は親ロシア派の反政府勢力が撃墜したものであると主張。また、エジプトが提案した停戦が不調に終わり、イスラエル軍の地上部隊がパレスチナ武装勢力による攻撃阻止を目的とする軍事作戦を開始している。

リスク回避の動きから米国では大幅な株安債券高となっており、米10年債利回りは5月下旬以来となる2.45%割れの水準まで下落した。アジア株の軟調な展開が予想される中、ドル円の上値は抑えられると考える。

但し、今年に入って何度も101.00付近での底堅さが確認されてきたことに加え、日中での101.20割れは5月以来となることから、同水準では本邦輸入企業をはじめとするドル買い需要が想定され、追加材料無しにドル円が大きく崩れることは無いのではないか。

リスク回避の動きを強めるような追加情報が出る場合、先週安値101.06や節目となる101円を下抜け、5月安値の100.81や2月安値の100.76を試す可能性もあるだろう。

20140206130826
主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは


20140206130825
FXについて漫画で優しく解説


FX為替予想 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。