FX初心者トレーダーの為の為替予想まとめ

FX初心者トレーダーの為の為替情報や経済・投資情報などを発信していきます
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ スプレッド:FX用語TOPFX用語 ≫ スプレッド:FX用語
最新情報
リアルタイム為替レート

外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

テクニカル分析による売買の目安

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

スプレッド:FX用語

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ


よくニュースで、「今日の外国為替市場は、1ドル=100円25銭から35銭」というように、100円25銭から100円35銭まで(この場合は)10銭の幅 がある、ということがあります。

この25銭から35銭というのは、1ドルが何らかの原因で100円25銭から100円35銭の間を動いているという説明ではなく、今現在、ドルを買いたい人は「買いのレート(アスクまたはオファーといいます) 100円35銭必要です(売ります)」という意味です。

また、ドルを売りたい人に、「売りのレート(ビッドといいます)100円25銭で買います」ということを表しています。

この買いのレートと売りのレートの間の幅10銭のことを「スプレッド」と呼びます。

この2者の高低差(幅)こそが、スプレッドであり、スプレッドは投資家が負担するコストになるのです。

FX業者は手数料としてこのスプレッドの中から利益を確保しています。

そのため、株式投資等とは異なり、「取引手数料無料」でも経営が成り立っているわけです。

「スプレッド=手数料」ですから、スプレッドが安いFX会社ほど余計な損失が減り、また利益が増えることになります。
FX用語 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。