FX初心者トレーダーの為の為替予想まとめ

FX初心者トレーダーの為の為替情報や経済・投資情報などを発信していきます
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ スリッページ:FX用語TOPFX用語 ≫ スリッページ:FX用語
最新情報
リアルタイム為替レート

外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

テクニカル分析による売買の目安

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

スリッページ:FX用語

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
スリッページとは、指値注文や逆指値注文を入れている時に 相場の急変によって 指定していた為替レートを 飛び越して注文が約定してしまうことをいいます。

指値注文や逆指値注文などでは 指定していた注文を執行する前に 大量の成行注文などが執行されてしまったときなどに起こりやすく 自分の注文が執行されるときには すでに為替レートが下がってしまっていて 下がってしまっているレートで注文が約定してしまうことも原因の一つです。

たとえば、現在の為替レートが110円のとき、保有している外貨の為替レートが100まで下がってしまうと 損失限定の売り注文を入れたとします。

100円で逆指値売り注文を入れたが、100円の少し上ぐらいで 大量の成行売り注文が発生して 為替レートが一気に下がったとします。

(逆)指値注文より成行注文の方が 注文執行の優先度が高いため 99.95円まで成行売り注文が 執行されると 逆指値売り注文は この時点で約定することになります。

これは、システム上 しかたがないところもあり 常にスリッページゼロを目指すのは無理と考えておいた方がよいです。


また、週末(マーケットがクローズするまで)に 100円で逆指値売り注文を出していたとします。

そして、週の初め(マーケットがオープンしたとき)に 99.70円で 市場が開くと 逆指値売り注文の約定価格は99.70円近辺になり、指定したレートより30銭ほど安く 約定してしまうこともあります。


さらに、ストリーミング注文で、プライスをクリックして 確認画面に移り、「OK」をクリックするまでの間に 為替レートが動いてしまうこともあります。

大きく動くと 注文自体が通りませんが、1~2銭のズレだと 注文が約定する場合もあります。(スリッページ設定しているときは、その範囲内で約定)
FX用語 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。