FX初心者トレーダーの為の為替予想まとめ

FX初心者トレーダーの為の為替情報や経済・投資情報などを発信していきます
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 8月21日の為替見通しレポート:FX為替相場TOPFX為替予想 ≫ 8月21日の為替見通しレポート:FX為替相場
最新情報
リアルタイム為替レート

外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

テクニカル分析による売買の目安

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

8月21日の為替見通しレポート:FX為替相場

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
entry_img_342.jpg


レポート先:FX MORNING
レポート詳細:http://www.morningstar.co.jp/msnews/fxbond
発表内容
【前日の為替概況】
20 日の為替市場ではドルが買われた。タカ派寄り米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が想定され、
ドル買い優勢の展開が続いた後、議事録の内容を受けてドル高が強まった。
FOMC 議事録では、雇用増加を背景に早期の利上げの可能性が認識されていたうえ、FOMC 声明の「労働
資源の活用不足が著しい」との文言が近く変更される必要性が指摘された。


FOMC メンバーで労働市場のたるみの度合いに関して意見の相違があるという。インフレ上昇リスクに関しても見解が分かれている。米国の賃金の伸びが弱いなかで早期の利上げの可能性は低いというコンセンサスが市場参加者にあるが、修正を迫られる内容となった。

雇用環境に対してはハト派一辺倒のイエレン FRB 議長の講演がさらに注目される展開に。タカ派の勢力が増し、米金融政策を巡る市場との対話は過渡期にあるとの見方が強まっている。ドル円は 103.85 円まで上昇し、4 月以来の高値を更新。ユーロドルは 1.3255 ドルまで下げ、年初来安値を塗り替えている。

ポンドドルはロンドン午前の上げ幅を消し、1.6590 ドルまで下落に転じた。英金融政策委員会(MPC)議事録では利上げ票が投じられており、サプライズのポンド買いとなったが、ポンド高はドル高にかき消された。ドル/加ドルは 1.0974 加ドル、豪ドル/ドルは 0.9276 ドル、NZ ドル/ドルは 0.8367 ドルまでドル高推移。クロス円はドル円に連動して円安方向に振れた。

ユーロ円は 137.66 円、ポンド円は 172.31 円、加ドル円は 94.67 円、豪ドル円は 96.45 円まで上昇。NZ ドル円は 86.99 円までわずかに高値を更新。タカ派寄りの FOMC 議事録を受けて米株式市場は一時的に重くなったが堅調さを維持し、クロス円をサポート。


【本日の東京為替見通し】

東京タイムは海外市場でのドル高・円安推移を引き継ぎ、ドル円は 103 円後半を中心とした底堅い推移が想定される。本日は中国 8 月 HSBC 製造業 PMI・速報値(予想 51.5、前月 51.7)の発表が予定されている。5 カ月ぶりに前月比で指数が低下すると見込まれているが、3 カ月連続で景況の分かれ目である 50以上を維持するとの見方。

予想に反して指数が改善を見せれば、リスク選好の円売りで、ドル円が 4 月 4日以来の 104 円台回復を実現する場面が見られるかもしれない。ただ、本日が初日の米ジャクソンホールでのカンザスシティ連銀経済シンポジウムにおいて、注目のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長講演が明日に予定されている。イベント待ちで、中国 HSBC 製造業 PMI の発表後は次第に様子見ムードが強まりそうだ。


20140206130826
主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは


20140206130825
FXについて漫画で優しく解説

FX為替予想 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。