FX初心者トレーダーの為の為替予想まとめ

FX初心者トレーダーの為の為替情報や経済・投資情報などを発信していきます
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 9月4日の為替見通しレポート:FX為替相場TOPFX為替予想 ≫ 9月4日の為替見通しレポート:FX為替相場
最新情報
リアルタイム為替レート

外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

テクニカル分析による売買の目安

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

9月4日の為替見通しレポート:FX為替相場

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
entry_img_401.jpg

レポート先:FX MORNING
レポート詳細:http://www.morningstar.co.jp/msnews/fxbond
発表内容
【前日の為替概況】
NY タイムでは、ウクライナでの停戦期待からロンドンタイム序盤に進んだリスクオンの流れは一服。ドル円は、2.4%付近へ低下した米長期金利に連動して、105.10 円付近から 104.72 円まで下げた。ウクライナのヤツェニュク首相が、露との合意に悲観的な見解を示したことが意識されたほか、明日の日銀金融政策決定会合を控えた利食い売りが持ち込まれた。関連市場では、買い先行で始まった米株価が上昇幅を縮めたことがドル円の重しとなった。

午後に公表された米地区連銀経済報告では、「個人消費の伸びは多くの地区で小幅ないし緩やか」、「新築住宅建設、中古住宅販売は伸び緩慢」、「成長ペースに大幅な変化はない」と足元の緩やかな回復が続いているとの認識が示された。ただ、米国の早期利上げ期待を強めるような文言もなく、市場への影響は限定的だった。

クロス円も伸び悩む格好に。ユーロ円は137.69円、ポンド円は172.38円までレンジ下限を広げたほか、スイスフラン(CHF)円は114円前半で上値が重くなった。ドルストレートは底堅い展開。ドル高の流れが小休止したことで、ユーロドルは1.31ドル半ば、ポンドドルは1.64ドル半ば、ドルCHFは0.91CHF後半でドル安推移となった。また、加ドルはしっかり。予想通り政策金利を1.00%で据え置くと発表したカナダ銀行声明で、「米回復は軌道に戻りつつある」、「カナダの住宅市場は予想より強い」など経済に対する前向きな見方が示されたことが材料となった。

ドル/加ドルは1.0871加ドル、加ドル円は96.49円まで加ドル高が進んだ。とはいえ、「インフレリスクは均衡」としたことから、利上げ期待が強まらなかったこともあって、加ドル高の流れは限られた。そのほかでは、豪ドルが上昇幅を拡大。東京タイムに行われた講演で、スティーブンスRBA総裁が「政策金利を通じて住宅価格をさらに押し上げるのは賢明ではない」と、追加緩和の可能性が低いとの認識を示したことが焼き直され、取引参加者のショートカバーを誘発した。

また、東欧の地政学リスク低下を通じたユーロ圏経済の回復期待を背景に、資源需要が増加するとの見方も支えとなった。豪ドル/ドルは0.9351ドル、豪ドル円は98.14円と昨年5月以来の高水準まで上昇幅を広げる場面がみられた。

【本日の東京為替見通し】

東京タイムは、日銀の金融政策発表待ちの様子見でスタートしそうだ。もっとも政策発表自体も、今夜に英欧金融政策発表、週末に米雇用統計と、より重要視されるイベントを控えるなかでは大きな動きにつながりにくい。豪経済指標の発表が予定されており、豪ドルの動意を誘う可能性はあるが、他通貨にさほど影響を及ぼさないだろう。

株価も米株式市場がまちまちで引けたこともあって動意は鈍そう。ただ、イベントを控え、株価や円相場のポジション調整が進む可能性には留意しておきたい。


20140206130826
主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは


20140206130825
FXについて漫画で優しく解説


FX為替予想 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。