FX初心者トレーダーの為の為替予想まとめ

FX初心者トレーダーの為の為替情報や経済・投資情報などを発信していきます
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 9月11日の為替見通しレポート:FX為替相場TOPFX為替予想 ≫ 9月11日の為替見通しレポート:FX為替相場
最新情報
リアルタイム為替レート

外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

テクニカル分析による売買の目安

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

9月11日の為替見通しレポート:FX為替相場

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
entry_img_408.jpg


レポート先:FX MORNING
レポート詳細:http://www.morningstar.co.jp/msnews/fxbond
発表内容
【前日の為替概況】
NY タイムでは新規材料が乏しく、各通貨は対ドルでまちまち。この日発表された米 7 月卸売在庫は前月比で市場予想の+0.5%に対し+0.1%にとどまり、前月分も下方修正されたが、相場への影響は見られなかった。ドル円は連日高値更新の動き。

米 10 年債利回りが 2.54%付近まで上昇基調を強めたことや、利食い売りが先行したダウ平均がプラス圏に浮上したことも好感し、6 年ぶりの高値を 106.89 円まで更新した。その後も 106 円後半の高値圏で底堅い動きが続いた。ポンドは買い戻しが優勢。カーニーBOE 総裁が議会証言で、利上げが必要なポイントに近付いているとの認識を示し、早期利上げへの思惑が強まったことが背景。

ポンドドルは 1.62 ドル大台を回復すると1.6230 ドルまで上値を伸ばし、ポンド円も 173.27 円まで大幅高となった。一方でユーロは重い動き。ユーロポンドでのユーロ売り・ポンド買いにも圧迫されて、ユーロドルは 1.2883 ドルまで弱含み、ユーロ円も 137 円後半で伸び悩んだ。加ドルも買い戻しが優勢。ドル/加ドルは 1.0934 加ドルまでドル売り・加ドルの買い戻しが進み、加ドル円は 97.72 円まで上値を伸ばし、1 月 7 日以来の高値をつけた。またスイスフラン(CHF)は、スイス国立銀行(SNB)関係者が「必要であればマイナス金利を含くむ追加措置をとる」方針を示したことを背景に売りが加速した。

ドル/CHF は約 1 年ぶりの CHF 安水準となる 0.9396CHFまで上昇したほか、CHF 円は 113.66 円まで安値を更新した。オセアニア通貨は小動き。対円ではドル円の上昇につられ、豪ドル円は 97.93 円、NZ ドル円は 88.05円まで高値を更新した。また、RBNZ による政策金利の発表を控え、NZ ドル/ドルは 0.82 ドル前半での小幅上下にとどまり、豪ドル/ドルは 0.9113 ドルを安値に下げ渋ったものの、0.91 ドル半ばで上値の重い動きが続いた。

【本日の東京為替見通し】

本日は中国の物価指標や豪雇用指標の発表が予定されている。市場予想からの振れ幅によっては、豪ドルをメインに多少の動意が得られるだろう。豪ドルの弱さが足元目立っており、ネガティブな材料に反応しやすい地合いであることには警戒したい。ドル円は全体的なドル高は緩んだ印象もあるが、半年以上にわたる膠着相場から抜けだして環境が様変わりしており青天井の様相。

FOMC に向けた期待感も背景に、溜まっていたエネルギーを放出する格好である程度の達成感が生じるまでは材料無視で上値追いを続ける可能性は否定できない。CME の精算値からは、日経平均の続伸も予想されるため、底堅い出足が確認できそうだ。

【FX交流サイト】

みんなで交流!みんなで勝つ!

FX会社情報コミュニティ FXファン




20140206130826
主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは


20140206130825
FXについて漫画で優しく解説

FX為替予想 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。