FX初心者トレーダーの為の為替予想まとめ

FX初心者トレーダーの為の為替情報や経済・投資情報などを発信していきます
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 11月10日の為替情報・予想(ドル/円):FX為替相場TOPFX為替予想 ≫ 11月10日の為替情報・予想(ドル/円):FX為替相場
最新情報
リアルタイム為替レート

外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

テクニカル分析による売買の目安

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

11月10日の為替情報・予想(ドル/円):FX為替相場

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
entry_img_539.jpg

会社:MorningStar
予想レンジ:114.00-115.00
記事リンク:こちら
発表内容
予想レンジ:1ドル=114円00銭-115円00銭

 10日の東京外国為替市場は衆議院の解散報道に注意したい。読売新聞などは9日、「安倍首相は消費再増税を先送りする場合に、衆院解散の同時決定を検討している」と報じた。安倍首相は「解散についてはまったく考えていない」と述べたが、7-9月期の成長率に弱めの見通しが広がるため消費増税の先送り論は強い。

 市場としては動静を見極めたいところで、目先は投資家のリスク回避の動きが広がりそうだ。また、前週末7日の米10月雇用統計は市場予想を下回った。リスクオフからドル・円は上値の重い流れとなる可能性が高い。


会社:新生銀行
予想レンジ:114.05-114.70
記事リンク:こちら
発表内容
10日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、前週末の海外市場でドル売り優勢となった流れを受け継ぎ、1ドル=114円台半ばを中心とした上値の重い展開が見込まれる。前週末に発表された米雇用統計が期待されたほど強くなく、米長期金利が低下したことなどが圧迫要因。予想レンジは114円05~70銭。

会社:CITIBANK
予想レンジ:114.00-115.00
記事リンク:こちら
発表内容
ドル円は下落。発表された10月の米雇用統計で、失業率は5.8%と市場予想(5.9%)を上回る改善をみせた。一方、非農業部門雇用者数は前月比21万4000人増、平均時給は同0.1%増にとどまり、共に市場予想(同23万5000人増、同0.2%増)を下回った。米雇用の改善を示す結果とはなったものの、早期利上げ期待を高めるには至らず、ドル円は一時115円台後半まで値を伸ばした後に、114円台前半まで反落した。

日銀の追加緩和決定以降の急ピッチなドル高に一服感が出たことに加え、明日は米国が休場のため、本日は利益確定の売りが出やすく115円台を維持するのは難しいとみている。ただ、米景気の先行きに対する楽観的な見方は根強く、6日安値の114円ちょうど付近では押し目買いが優勢となり、底堅い展開になると予想する。

会社:みずほ銀行
予想レンジ:114.10-115.00
記事リンク:こちら
発表内容
先週末のドル円は下落。115.18でオープンした東京市場のドル円は、米雇用統計を控え様子見ムードの強まりから115円台前半で揉み合う展開となった。海外時間に入っても小動きが続いたが、指標の上ぶれ期待から発表直前には一時115.60まで上昇。

注目された米10月非農業部門雇用者数変化が事前予想を下回ったことで114.60まで反落するも、過去値が上方修正されたことに加え、労働参加率の上昇を伴って失業率が低下したことから瞬時に115円台を回復但し平均時給の伸びが市場予想を下回たことで米金利が低下したことに加え、週末のポジション調整からドル売りが強まり、ドル円は114.25まで再び下落し、114.60レベルでNYクローズ。

本日のドル円は小確りとした展開を予想。先週末に発表された米雇用統計については、過去値31千人の上方修正を踏まえれば非農業部門雇用者数変化もまずまずの結果であり、賃金の伸びの低さを除けば概ね良好な内容であった。

事前期待の反動から市場はドル売りで反応したものの、米経済が正常化への歩みを着々と進めていることに加え、日欧のにロングポジション解消の動きが本日も出る可能性があるものの、114円台前半では実需筋をはじめとする買い需要が相応にあると見られ、絶好の押し目買いポイントとなりそうである。

尚、昨日実施されたスペイン・カタルーニャ州の独立住民投票結果が本日にも出る見込みであり、ユーロを中心とする相場の動向には注意を払いたい。


【FX交流サイト】

みんなで交流!みんなで勝つ!

FX会社情報コミュニティ FXファン




20140206130826
主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは


20140206130825
FXについて漫画で優しく解説

FX為替予想 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。