FX初心者トレーダーの為の為替予想まとめ

FX初心者トレーダーの為の為替情報や経済・投資情報などを発信していきます
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 1月21日の為替見通しレポート:FX為替相場TOPFX為替予想 ≫ 1月21日の為替見通しレポート:FX為替相場
最新情報
リアルタイム為替レート

外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

テクニカル分析による売買の目安

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

1月21日の為替見通しレポート:FX為替相場

このエントリーをはてなブックマークに追加   
にほんブログ村 為替ブログへ
entry_img_746.jpg

レポート先:FX MORNING
レポート詳細:http://www.morningstar.co.jp/msnews/fxbond
発表内容
NY タイムの為替市場はドル円が底堅く推移。米国の利上げ先送り観測が後退したことがドルを下支えした。ドル円は118.87円までレンジ上限を広げ、12日以来の高値をつけた。


序盤には、米国の株価が売り先行となったことで、リスク回避ムードの円買いが意識され、118.30 円前後まで下落する場面はあった。しかし、株価が引けにかけてプラスサイドを回復したことで、リスク回避の流れは広がらなかった。米長期金利は1.758%まで低下後に1.8%付近へ戻した。クロス円も、ドル円におおむね連動した。

ユーロ円は136.80円近辺まで下押しした後に137円前半へ切り返し、豪ドル円は96.60円台まで下げた後に97円前半へもち直した。ユーロドルは上値の重い展開。欧州中央銀行(ECB)理事会での量的緩和拡大観測が上値を抑え、ユーロドルは1.1540ドルまで押し返された。ポンドドルは買い先行後に反落。
米国と同様に英国も年内の利上げ観測がくすぶっているため、ポンドドルは1.5200ドルまで買い戻しが進んだ。
ただ、後半はドル高の流れに押されて1.51ドル半ばへ上昇幅を縮めた。一方で、加ドルやNZドルは軟調。世界経済の成長鈍化懸念から供給過剰状態が今後も続くとの見方で、NY原油先物が大きく下げたことが加ドルを圧迫した。ドル/加ドルは2009年4月以来の加ドル安水準となる1.2114加ドルをつけ、加ドル円は97.73円まで弱含んだ。加11月製造業出荷が、市場予想の前月比-0.7%を下回る-1.4%となったことも重しとなった。

NZ ドルもさえない展開。物価指数の発表を控えた調整売りが進んだほか、消費者物価指数がインフレ鈍化を示唆する結果となったことが重しに。NZドル/ドルは0.7624ドル、NZドル円は90.57円まで下げ幅を広げた。

昨年10-12月期消費者物価指数が前年比で+0.8%、前期比で-0.2%と、市場予想や前期の結果を下回った。また、乳業大手フォンテラが公表する乳製品価格の総合指数であるGDT価格指数は、前回から1%上昇したが、為替市場への影響は限られた。

【本日の東京為替見通し】
本日、日銀は金融政策決定会合の結果発表を行う。昨年10月に公表された日銀展望レポートの中間評価も公表される。市場予想では金融緩和策の据え置きが大勢だが、日銀当座預金の超過準備に対する0.1%の付利引き下げ観測が再浮上している。変更せずに掲げられている物価目標からすると遅かれ早かれ追加緩和は避けられないとの見方が多い。

量的緩和の限界が見えつつあり、選択肢も狭まってきているなかで、日銀が置かれている状況はかなり窮屈だ。黒田日銀特有のサプライズに対する市場参加者の構えも以前よりは整っている。

今回、日銀が追加緩和に踏み切るとの見方は少数だ。昨日の値動きのなかでも思惑交じりの円売りは限られていたと思われるが、下向きの21日移動平均線を控えてドル円が押し戻される展開は想定しておきたい。

20140206130826
主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは


20140206130825
FXについて漫画で優しく解説

FX為替予想 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。